オーナ TANGOKUNサービス

TANGOKUN単語帳サービス(単語帳を作る・熟語を調べる・単語を探す)  の使い方についてオーナからご説明いたします。

TANGOKUNサービスは、単語を調べるという手間を皆様の代わりに行い、英語の文書を読むということに集中できることを考えました。

TANGOKUNサービスの基本機能を図に表してみました。

実際の使い方の手順は『既習語』についてのページに詳細な記載がありますのでそちらをご覧ください。

■ 英文から単語帳を作成する場合

1、英文の準備:  単語帳を作成したい英文(TEXTデータ)を準備します。

・入力する英文の精度(TEXTの精度)が悪いと単語帳の出来も悪くなります。単語がつながっていたり、スペルミスがあって 単語の綴りが間違っていると、単語の意味が出ない場合があります。ですから可能なら英文をチェックして、正しい英文を入れて頂く ことをお勧めします。英文が長い場合は大変ですから、そのまま入れて頂き、あとで意味が出なかった単語だけ精査する方法 もあります。

・かならずしも英文だけではありません。単語を打ち込んでも大丈夫です。但しその場合は単語と単語の間にスペースを入れてください。 続けて打ち込むと、意味がでてきませんのでお気を付け下さい。

2、単語帳の出力:単語帳を作成します。

・『下のBOXに英文テキストを入力し、ココをクリック』をクリックしてください。単語帳が出力されます。入力文書の量により出力は数秒から数十秒かかります。お使いの回線容量や 混み具合でも変わります。単語リストとその日本語の意味、選択、既修(既)、未修(未)、頻度、難度の欄で構成された単語帳が出力されます。単語帳はまず中学レベル以上の 単語を出力します。また既に会員になられた方で既修語として登録された単語は省いて出力してあります。どれくらい既修されているかはボックスの上にヒット率という数字で 出ていますので参考にしてください。

3、単語帳の編集:出力された単語帳を自分の使い方に合わせて編集できます。

編集の為のボックスが単語帳の上に用意されています。順番に使い方をご説明します

①英文テキストに戻る

  ・テキスト入力のページに戻ります。

②他の単語帳ページへ移動する

  ・単語帳出力をしたあといろいろな編集をしている時、1ページ前に戻りたい、最初のページに戻りたい時に使います。

③表示する単語帳を切り変える

  ・左のボタン:辞書に無い単語を表示する⇒これは標準語に当てはまらない造語や固有名詞、特殊語などがありますが、    単語君の辞書にもまだ対応できていない言葉や、ハイフンなどで連続した単語などは表示されない場合がありますので、    表示されない単語を確認したい時に使います。

  ・右のボタン:「既修」の単語も表示する⇒既修語は省いて未修語だけ出力していますので、その省いた既修語も表示し    たい場合に使います。

④表示する単語を選択する

  ・左のボタン:「チェック選択」語のみを選択する⇒単語帳の列には選択という記載がされた列があります。ここをク    リックして選択した後このボタンをクリックすると選択された単語のみ表示します。

  ・右のボタン:「難度」の全レベルを表示する⇒最初に出力されるのは既修語と中学レベルの単語を省い単語です。中学    レベルの単語や難度を切り変えたい場合はこのボタンをクリックします。

⑤他の書式でダウンロードする

  ・左のボタン:PDF形式で出力します⇒PDF形式の場合は12ページ以下です。ヒット率の記載の上にPDFでの頁数が出て    きますので、この値が12以下の場合にPDFで出力できます。

  ・右のボタン:Excel形式で出力します⇒この場合は単語帳として表示されている全単語をExcelで表示します

⑥「既修」語のリストを更新する

  ・左のボタン:「既修」選択した単語を登録する⇒単語帳の列に「既」と「未」という列があります。既に知っている単    語の場合、単語ごとに「既」をクリックして単語を登録します。(会員でIDとPWを登録された方が利用できます)

  ・右のボタン:既修・未修をリストに反映させる⇒既修として選択された単語は登録し、未修として選択された単語は登    録リストから除去します。

⑦「既修」語のリストを操作する

  ・左のボタン:「既修」語のリストを編集する⇒このボタンをクリックすると既修で登録された単語リストのページに飛    びます。このページで既修表示された単語を編集できます。

  ・右のボタン:「既修」語のリストをクリアする⇒既に登録されている既修語をクリアします。全ての既修単語がクリア    されますのでご注意ください。

■ 熟語の意味を調べる場合

・熟語については一般には複数の単語の連なりで構成されており、単語と単語の間に別の単語が入ったりと、複雑な構成 になり、コンピュータ処理では難しいのが正直なところです。現時点ではまだ模索中ですので、皆さまの便宜の為に約2000 の熟語を選び、その意味の一覧表を作成しましたのでご活用下さい。皆様の中で専門家の方がおられたら是非コンピュータ処理 の方法を教えて頂きたくよろしくお願い致します。

■ 日本語の語彙から英単語を検索する

・適切な英単語をどう選んだら良いのかということは、日本人のほとんどの人にとって苦労の種です。単語の意味は分かって(覚えて) いても、日本語から英語を作る時、単語が浮かばなくて苦労された方は多いのではないでしょうか。TANGOKUNサービスはこの苦労を何とか軽減 できないか考えました。日本語の語彙をBOXに入れると単語の候補を複数選択し表示します。少なくとも英単語中で日本語の意味が含む もの全てを表示するようにしました。完全ではありませんが、表示された英単語の候補からしっくりくる単語を選んで頂くか、改めて辞書で 候補英単語を念入りに調べるというのも良いかもしれません。まだまだ課題はあり改善を続けますので是非ご利用頂きご意見 頂ければと思います。尚、表示される単語は中学レベルの単語は表示していません。中学レベルの単語も表示したい場合は編集ボックスの 難度の全レベルを表示するをクリックしてください。

■ 最後に

TANGOKUNは試行錯誤の過程で生まれています。オーナの経験から作り上げましたが、皆様に活用して頂き いろいろなご意見を取り入れながらより良い物にしていきたいと思っております。是非ご支援よろしくお願い 致します。