オーナ TANGOKUNサービス

「既修語」って何?

「I」とか「the」とか「that」とか…、大概の英文にはこういった「お馴染みの」(=既にご存知の)単語が出てきます。
これらを改めて単語帳には載せない仕組みです。

① 先ずは「単語帳」を作ってみましょう。

・英文テキストを入力するページへ行って、英文を入力します《1》。
 そして「ココをクリック」ボタンをクリックして《2》、えい!単語帳作成!!
  英文テキスト入力

・あれあれ!?単語帳は作成できたものの、お馴染みの単語だらけだ!!
 これでは、知りたい単語を探し出すだけで一苦労だよ…トホホ
  単語帳その1

・文字通り、" It's like looking for a needle in the haystack." 状態です。
 「TANGOKUN」は文中の全語を漏らす事なく参照して、単語帳を作成していますので…

※ここで、『「難度」の「中学」を除いて表示する』ボタンをクリックすると、
 中学校で習う様な単語は、除外して単語帳を表示する事は出来ます。
  中学を除くボタン


② ここで「既修語」機能の登場です。

・「既修語」機能は、「お馴染みの」(=既にご存知の)単語を予め登録しておき、
 単語帳の表示の時に、これらの単語を表示しない様にする機能です。
 そう、これで知りたい単語(=お馴染みでない単語)だけの単語帳が出来ます。


③ 「既修語」機能を使うに会員登録が必要です。

・「お馴染みの」単語を登録した「既修語」リストは、あなた個人のものです。
 というのも、各単語が「お馴染み」かどうかは、あなたが決める事だからです。
 従って、「既修語」リストを識別する為に、会員登録を行って下さい。


④ 会員登録は以下の手順で行って下さい。

・TOPページに行って、『会員登録ページへ行く』をクリック。

・「会員登録フォーム」に必要事項を記入し、利用規約に同意の上、『登録する』をクリック。

・これであなたは、煩わしい「お馴染み」単語から解放されます。


⑤ それでは、もう一度単語帳を作ってみましょう。

・今回は予め「ログイン」手続きを行っておきます。手順は以下の通りです。
  (1)TOPページに行って、『ログイン認証ページへ行く』をクリック。
  (2)登録したIDとパスワードを入れて、『ログインする』をクリック。
  (3)これで「ログイン」手続きは終了で、TOPページに戻っています。

・今度は何やら左上にメッセージが出ました。
  ログインようこそ1  注:ユーザ名は伏せています。

 会員登録して初めての使用ですから、もちろん「修得済み単語数」は「0」です。

・さて、前回同様に英文テキストを入力して、「ココをクリック」!!

・今回は単語帳の左に何やら「ボタン」が出現しました。
  単語帳その2


⑥ お馴染みの単語を「既修語」リストに登録する。

・「この単語はお馴染み(=既修)である」と判断した単語のボタンを「既」にします《1》。

・「既」への一括設定や、その一括解除も活用して下さい《2》。

・一通り「既」に選択し終わったら、「登録する」ボタンをクリックします《3》。

  単語帳その3

・表示されたメッセージを一読して、「単語帳に戻る」をクリックしますと…
  既修語登録メッセージ

・「馴染みの無い」単語だけの単語帳が出来ました!!
  単語帳その4

・英文テキスト中での「既修語」の出現率(ヒット率)も表示されています。
  出現率表示

・TOPページ左上のメッセージにも登録した単語数が表示されます。
  ログインようこそ2


⑦ 「出現率(ヒット率)」って2つあるのはなぜ?

・上の『「既修語」の出現率(ヒット率)』には、数値が2つ(「0.84%」と「22.01%」)表示されています。
 この違いは何なのでしょうか?

・以下の英文テキストの例文を使って説明します。
  " I and you have a book, a pen, and a pencil."
 さらに、あなたは「a」と「and」の2語を「既修語」として登録しているとします。

・ここで色々と指折り数えてみましょう。
  (1)例文は11語で構成されていて、使用されている単語は8語※(種類)です。
     ※「I」,「and」×2回,「you」,「have」,「a」×3回,「book」,「pen」,「pencil」、の8つ。
  (2)その中で、既修語の2語は2語共使用されており、
     そして、「a」は3回使用されており、「and」は2回使用されています。
  (3)単語の種類で見ますと、8種類の単語の内、2種類の単語が「既修語」になっていますので、
     この見方でのヒット率は2÷8=25.00%になります。(上図の「0.84%」はこれです。)
  (4)一方語数で見ますと、英文を構成している11語の内、
     「a」の3語、「and」の2語、計5語が「既修語」です。
     従って、このヒット率は5÷11=45.45%になります。(上図の「22.01%」はこれです。)

・ですので、基本的な単語を抑えておきますと、
 (3)の「単語%」は低くとも、(4)の「語数%」は比較的高くなります。


⑧ 「既修語」リストは色々と編集できます。

・「既修語」リストは、ログアウトをした後でも、再度ログインした時には有効です。
 ですので、追加・削除をしながら編集して、「成長」させて行って下さい。

【注意】
「既修語」リストの編集は、常に単語帳と対比させながら行います。
  従って編集する為には、「TOPページ」⇒「英文テキスト入力」へと進み、
 「単語帳作成」機能ボタンを使用して、『単語帳』を表示しながら行って下さい。

・編集するには、単語帳表示画面上の以下のボタンを使用します。
  編集用ボタン類

 1)単語をリストに追加するには、『「既修」選択した単語を登録する』ボタンを使用します。
   「既」選択した単語の内、未登録のものがリストに追加されます。

 2)単語の追加/削除は、『既修・未修をリストに反映させる』ボタンが使えます。
   「既」選択した単語は、上の「登録」と同じですが、併せて「未」選択の単語をリストから削除します。

 3)「あれ?文中のこの単語、ド忘れしてしまった!既修語らしく、単語帳に出て来ない!!どうしよう?」
   この場合は、『「既修」の単語も表示する』ボタンが有効です。
   既修語も含めた全単語が表示されますので、該当の単語を「未」にして、上記の『反映』を行って下さい。
   「未修得」として復活します。

 4)単語のリストを表示したり、単語単位でリストから削除するには、『「既修」語のリストを編集する』です。

 5)最後は、既修語リストを完全に「空」にする『「既修」語のリストをクリアする』ボタンです。
   このボタンは十分に注意して使って下さい。

・ざっとボタンの説明をしましたが、色々と試してみて下さい。
 但し、くれぐれも『クリア』ボタンにはご注意を!!